泌尿器科が担当する臓器は、腎臓、副腎、尿管、膀胱、尿道、前立腺、精巣(睾丸)、精巣上体(副睾丸)、陰茎があげられ、それぞれの臓器におこる様々な病気が対象となります。
腎機能が悪化することによる慢性腎不全(尿毒症)に対して、血液透析を循環器内科医・内科医とともに行っています。

対象疾患

循環器内科で診る病気は心臓や血管系に異常をきたした病気が対象です。

  • 腎臓の病気:腎臓がん・腎盂がん・腎盂腎炎・腎結石・水腎症
  • 尿管の病気:尿管がん・尿管結石
  • 膀胱の病気:膀胱がん・膀胱炎・神経因性膀胱・膀胱結石
  • 尿道の病気:尿道炎・尿道狭窄
  • 前立腺の病気:前立腺肥大症・前立腺がん・前立腺炎
  • 精巣・精巣上体の病気:精巣腫瘍・副睾丸炎・陰のう水腫・精巣捻転
  • 陰茎の病気:陰茎がん
  • その他:尿失禁・頻尿など

その他

皮膚・排泄ケア認定看護師が在籍していますので、尿管皮膚ろうに関してお困りの方はご相談下さい。
また、自己導尿を実施している方にも対応しております。