看護部長 安田 和子

看護部長 安田 和子

昭和63年9月 石狩病院 入職
平成14年6月 看護部長に就任

看護部長として、第一の目標としていた「みんなで新病院を作る」について、平成28年11月に達成することができました。
現在は、第二の目標として、「生き生きと看護師として働ける環境」「勉強できる環境」「家族を大切にできる職場」「楽しく働きやすい職場」を目指した職場環境づくりに取り組んでいます。そして、看護師としてキャリアアップに向けた挑戦を応援しています。
よい仲間、よいスタッフに巡り合えたこといつも感謝してます。

理念

思いやりを大切にする病院

当院では病院全体が学習する組織でありたいと考え、院内、院外、道外の研修も含め、個々のやる気をサポートしております。
また、チーム医療の一員として、看護職は病院の看板であると考え、看護職員が安心して働ける職場環境の充実を図っております。
患者さんにとっては満足のできる病院を、働く看護職員にはやりがいのある職場を提供できるよう努力をして参りたいと考えております。

看護部組織図

看護部組織図

教育体制

看護部では病院及び看護部の理念・目標の実現に向けて、教育委員会が主体となって看護職員の能力向上、患者さまへの看護の質向上のための教育活動を行っています。

院内研修、院外研修(研修補助あり)への参加を推進、日々の看護を探求するための看護研究に取り組んでおり、道内外で学会発表を行っています。

当看護部には経験豊かな看護師が多く、看護大学の実習指導や中高生の職業体験の受け入れを通して、多くの人々に看護の魅力も伝えていきたいと思っています。

研修計画

  • 看護過程研修
  • 中途採用者研修
  • 新人看護師研修
  • 看護研究支援
  • 学生指導者研修 など

看護部門紹介

外来

外来

当院は、小さいながら地域で数少ない総合病院の機能を持つ病院です。時間の限定はありますが、夜間や休日の救急患者対応も行っています。
高齢化がすすむ石狩地域において、患者さんに安全・安心を届けられる外来を目指して日々の看護に励んでいます。働く看護師は、外来のみを担当するスタッフだけではなく、内視鏡室や手術室など専門性の高い部署を兼務するなど、多様な経験を積むことができる部署です。他院同様、子育て世代のスタッフが多いなかに、ベテランスタッフを配置することで、地域の皆さんとの顔の見える関係が長年続いていることも特徴の一つです。

2病棟

2病棟

2病棟では障害者病棟として、透析患者さまを中心とした長期入院の患者さまを担当しています。
職員は20~60歳代の幅広い年齢層で、子育て世代も多数活躍しており、互いに知識・技術・時には体力を補い合いながら、日々和やかに看護を行っています。
患者さまとの関わりの中で、長期入院ならではの看護の楽しさを感じながら日々活動しています。

3病棟

3病棟

3病棟は急性期の一般病棟です。当病棟は内科、消化器内科、外科、泌尿器科、循環器内科、人工透析など多数の診療科の患者さまが入院しています。当病棟のスタッフは病院理念にあるような「高度で良質な医療」の提供ができるよう様々な分野の研修会に参加して勉強し、患者さまの看護を実践しています。退院後の生活、治療に対する不安がある方には入院中から医師、薬剤師、栄養士、社会福祉士と連携して可能な限り不安なく退院できるようお手伝いさせていただきます。石狩市内・近郊地域の患者さまが多く、地域に密着した看護が提供できるようスタッフ全員で取り組んでいきます。

透析

透析

医師や臨床工学技士と連携し安心、安全な医療を提供できるよう日々心掛けています。
当院の理念である思いやりのある看護を目標とし、患者様のQOLを損なわないよう、合併症に対するケアやフットチェックを行い、気持ちに寄り添うことを意識して看護をしています。

看護部門紹介

皮膚・排泄ケア認定看護師 畠山 誠

皮膚・排泄ケア認定看護師 畠山 誠

皮膚・排泄ケア認定看護師は、ストーマケアや褥瘡、足の潰瘍などの創傷及び尿失禁や便秘などに伴って生じる問題に対して、 専門的な知識や技術を用いて質の高い看護を提供する看護師です。外来や透析室、病棟など院内での活動にとどまらず、近隣の施設や訪問看護ステーションの看護師とも連携を図りながら、地域の患者さんへの介入を図っています。住み慣れた地域で安心して暮らして行けるよう、石狩近郊の患者さんやご家族に関わっていきたいと思います。